すごく、わがままな日記を書いていこうと考えてみた

日記をつけることについて考えてみた。

blogには表現できない事をありのままの自分を書くことが出来るのは、ノートにつけるメリット(醍醐味)だと思う。

blogは、現在PCネタを書くのにしんどくなって中止しているのだが、もう少し工夫をすることで、うまく運用できるのではないか?・・・と思う。

人に見せるblogと自分自身と向き合うblogなど沢山あるので、1つのテーマに絞って、それだけのことを書くのには、もの凄くパワーがいることだと最近は感じてきた。


こういう事をスラスラ書けるのもノートの利点なのだろうか?

キーボードのほうが、速いと思うことと、脳から近い形で表現できるペンでは、脳の使い方が違うのかもしれない。

Webに公開しなければ、文法とか誤字脱字など気にする必要はなく、わがままな書き方をすることも時には良いのではないか?

「・・・」


そうだ「わがままな独り言」とでもしようではないか!

これをひとまずwebサイトやblogのコーナーにひっそりと作っておいて、大きくなったら独立したコンテンツにしようではないか!

考えることって、最近流行のマインドマップに拘り過ぎていたのかもしれない。

思ったこと、考えたことをノートに無造作に書いていくことも「考えること」になるのだ!

「儲け」というスケベ心の2文字を無くしたら、とても自由に日記を書くことができるのだ! 

どうせ眠れないのだし・・・


ということで、文章はメチャクチャだけど、間違いなんて気にしないし、何の役にも立たないかもしれないが、とにかく書いていくことにした。

ルールとしては

  • わがままに書き、決して「きれいに書こう」などと思わないこと。
  • 誰かに「見てもらおう」・「誰かの役にたとう」などと思わないことにする。

工程としては

  • ノートに思ったことをそのまま書く。
  • 誤字など気にせず速さ重視で、そのままテキスト化して未公開設定の運営サイトにアップする。
  • サイトにアップ後、気が向いた時に文章の見直しをする。

完全に自己満足である。