FOMAでのインターネット再接続設定

急にインターネット接続ができなくなった

ノートPCで接続して利用していたNTTのFOMA(PCカードスロット型)のインターネット接続トラブルのケース。

「急にインターネット接続ができなくなったので再度設定をしてほしい。」との依頼内容でした。

何度かご利用いただいているお客さまで大変ありがたい依頼でした。

広 告


今回は先方の都合により、持ち時間は120分のラウンド。できれば延長は避けたい、まさに時間との勝負だった。

インターネットの接続は、上手くいけば一瞬で接続ができるが、ハマれば120分なんてあっと言う間に過ぎてしまうのが特徴。

事前の情報は、なにをどう変更したかは、わからないがインターネットにつながらなくなってしまったとの事。こういう場合は、現地で接続設定の内容を実際に確認しないとわからない。


しかし、事前にドコモの情報だけは収集しておいた。(ドコモインフォメーションの方ありがとうございました。)モバイル環境の接続だけにダイヤルアップ接続の設定になると思っていたので、そのあたりを再設定すれば接続ができるはず・・・だった。

さらに、「ドコモのFOMA専用設定ソフトがあれば、簡単に接続ができますよ。」とも事前に教えてくれました。過去にも別件で設定をしたこともあり、早ければ本当に10分かからず終了するケースなのだが、実際は120分すべて使いきってしまった。


さて、本題に入る。

ご挨拶をして、PCのある場所へ行き、今回の経緯をお聞きして「これがプロバイダの情報です。」とメモを預かった。

「おや?」と思うことがあったが、とにかくパソコンを確認することにした。

プロバイダの情報としては、プロバイダから郵送されてくる登録情報が記載されている用紙は、その場にはなく。メモの情報(認証ID・パスワード)が頼りだった。


OSはXPなので、「コントロールパネル」-「ネットワーク接続」の画面で接続環境を確認したが、それらしいFOMA接続のアイコンが見当たらない。

う~ん。(なんかこのサイトの独り言はう~んが多くなった)

運用として、このパソコンは、室内では無線LAN・室外ではFOMA接続と大活躍のPCである。そのへんのバッティングがなにか関係しているのか、又は誤って、この接続内容を削除してしまったのか・・・。


とにかく訪問前から、「15分見てダメな場合、ドコモに電話」と決めていたので、ドコモインフォメーションに電話した。さすが天下のドコモである。自分も携帯電話はドコモなので通話はフリーダイヤルだし、平日でなくても営業している。(非常に助かりました。)

使える時間は120分だったし、FOMAの説明書などもなかったためソフトの使い方までは、さすがにわからない。


ドコモに電話をしたが・・・

しかし、このドコモインフォメーションの方とのやりとりで時間のロスが出た。
新人さんなのか、まだ研修中のスタップなのかは不明だったが、話が通じない・・・・・。

自分の説明も悪かったのだが、ベテランの人であればある程度、察してくれる内容も「その内容は確認いたしますので少々お待ち頂けますか?」という場面が何度もあった。

「はずれたぁ~」と思いながらここは忍耐。限られた時間の中で、なんとしても「接続成功」までたどり着かなければならない。


まず失敗したのは、接続設定個所を確認したかったので、その辺を聞いたら「それはFOMA設定ソフトでですか?それともパソコン側のほうですか?」と回答が帰ってきた。

「どっちでもいいんだけど・・・」と思って次の質問をしたが、終始こんな感じだった。

広 告


とにかくFOMAでの接続ができればいい。

話を修正して、FOMA設定ソフトがパソコンにインストールしてあったので、ソフトから「新規での接続設定」で話を進めた。

FOMAでの接続は「mopera」と「その他のプロバイダ」の2つあり、手元にある情報が「プロバイダ」の情報なのでそちらを選択して設定をした。

最後の接続画面でIDとパスワードの入力して完了。そして、接続してみる・・・・エラー691と31なるものが表示されて、接続できない。


直感的に手元情報のIDとパスワードが違うのではないか?と感じた。とにかく現状ではこの情報しかないので、もう一度IDとパスワードをよ~く見直して間違いはないが、再度パスワードをメモ帳に入力して、コピペして接続してみたが、接続NG。

少し話を脱線するが、訪問前のドコモインフォメーションに確認をした時に「突然にインターネットが見れなくなることはあります。端末の故障もありますし、原因が不明なケースもございます」と聞いたのを思いだした。

なのでFOMA端末、事態の故障も視野にいれた。そんなことをしているうちに電話中のインフォメーションの方が「moperaで接続をしてみて、パソコンかFOMAか接続情報なのかの切り分けをしたいと思いますが、いかがでしょうか?」と提案してくれた、願ってもないのでmoperaでの接続確認をした。


moperaでは、接続ができた。

そうしたらmoperaでは、接続ができた。今回のこれがキーワードである。
切り分けとして、「端末の故障ではない」(よかった)。パソコンの故障でもない。そうすると接続情報が違うことになる。

ここで一旦、電話を切り再度お客さまに「IDとパスワードが違うかもしれません」と伝えることにした。

その結果、いつも使っていた接続はmopera接続であることが判明した。


「その他のプロバイダ」接続はIDとパスワードを接続時に確認するのであるが、moperaではそれがなく接続ができる。

接続する際は、IDとパスワードの認証が必要ないほうで利用していたのがわかったので=mopera接続なのだ。

とにかくFOMAでの接続は無事完了した。


今回の種明かし

ここで冒頭の「メモ情報の?」部分だが、種明かしとして認証IDの中に@があったのだ!メモを頂いた時には「???????」だったが、やはり当然といえば当然だが「認証IDの文字列の中に@は普通ない」よな~。それでこの情報がなんであったかはこの後に判明した。

訪問前の依頼内容と現場での依頼内容は違う場合がある。今回も増えてしまっていたのだ!それも含めて120分だった。

現場では、よろず作業が増えるんです。


追加内容は、「削除したメールアカウントの再設定」と「windowsログイン画面を出ないようする」である。そのひとつであるメールアカウントの情報が最初に頂いた情報だったのであった。

これで納得!

メールアカウントの設定は、ありがたいことお客さまのちがうパソコンに、そのアカウント情報があったので、USBメモリにデータを取り込んで、そのデータを利用させてもらったので5分で終了した。


続いて「widowsログイン画面を出ないようする」だが、これは次のページに記載することにします。

3つの依頼を終了したときは、残念ながら120分を少々過ぎてしまったが、お客さまにインストをして完了した。

その日に解決できるケースというのは、とてもいい気分であります。

広 告




コメント


認証コード5639

コメントは管理者の承認後に表示されます。